消えた鉄路を行く


光明電気鉄道

奥山線

鉄道map

明治という近代の幕開けとともに誕生した近代社会の発達は、明治国家と言う新しい時代の中で明治の人々は世界から新しい文化を享受し生活様式を変えていった。その中でも鉄道の発達は目覚ましく、人とモノの流れを変えると同時に近代国家の樹立に大きく寄与した。

この鉄路の発達は明治二十二年(1889)には東海道線の東京新橋〜神戸間が全通し、大正時代に入ると東海道線の主要駅を結ぶ、南北に伸びる軽便鉄道が生まれ、その計画数と実数は全国では今日予想を遥かに越えた数であったと言われている。これらの軽便鉄道も、昭和の三〇年代に入ると、バスや自家用車の普及にともない鉄道の利便性を失い多くの鉄路が過去のモノとして消えていった。

この一時代に光り輝いた鉄路にいろいろな思い出を持った人々は全国では数え切れないほどの人数であり、過ぎ去った過去への郷愁とその足跡を訪ねた紀行である。